にじのおやつ

お菓子のこと、パンのこと、日常のことなど織り交ぜながら。
TOPスポンサー広告 ≫ 読書。TOPつぶやき ≫ 読書。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

読書。

最近は今までになく自由な時間があるので、好きな時に本を読んでいます。

この間読んだのは、三浦しをんの、「私が語り始めた彼は」。

いやあ、凄いです。引き込まれます。

この人の文体がすごく好きなんです。でも作品によって印象がガラッと違う。

「雨のあがった日曜日、かわりに桜の花びらが、何かの重みに耐えかねたかように

一枚一枚剝離しはじめた。風に乗った途端に花びらは重さを忘れ、痙攣にも似た震える軌跡を

描きながら地面を目指す。」

意識が、ロックオンされた気分?なんて言うんだろう。あはは、私のこの表現力のなさ。笑

はっっ!とする文章が、いくつも出てくるんです。

でもまだこの方、お若いんですよね~~~。私より何歳か年下。

。。。え?そんなに若くない?

その前に読んだのは、「陽だまりの彼女」越谷オサム。

これ、ホントお勧めです。泣きます。うちの上の子は、私と並行して読んで泣いちゃあいなかったけど、

君にはまだまだ早いって~~~と言いたくなりました。

まあ、読みたいんなら止めませんけどね。。。

しかし、子供が読み始める前に、子供向けでない箇所がないかチェックしなければならず、

パラパラ見して、読み終わる前に大体の筋書きがわかってしまったという

悲しい状況

頼むからもうちょっと時間差で読んでくれっ~



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。