にじのおやつ

お菓子のこと、パンのこと、日常のことなど織り交ぜながら。
TOPスポンサー広告 ≫ クッキーTOPお菓子 ≫ クッキー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

クッキー

もうここ数週間は、クッキーばかり焼いています。

といっても、バラエティ豊かなものではなく、ある粉を使って

割合を変えたり、粉の製法違いや、油脂の種類違いでの検証。

地道な作業の連続です。

普通クッキーはシュガーバッター法(砂糖と油脂を攪拌し、水分、粉を加える方法)

と呼ばれる作り方。作業効率が良く、砂糖と油脂を混ぜあわせることで空気が入り

浮きが良くなります。家で作る場合なんかは、だいたいこの方法。

対して、工場なんかでの大量生産向きの

フラワーバッター法と呼ばれるやり方。

フラワーバッター法とは、油脂と同僚の小麦粉を滑らかに混ぜ合わせ、

他の材料を加えていく方法。後から入れた材料を混ぜ過ぎてもあまり硬くならずに済みます。

ただグルテン形成があまりされないので、仕上がりがもろくなりやすい。

私はいつも、こちらのほうで作っています。

来週からは、卵の割合違い。

卵白、卵黄の違いでも出来あがりに大きな差が出ます。

お菓子つくりって、化学反応の連続なんですよね。

料理も、また然りなのでしょうが。

仕組みが分かると、ストンと落ち付くものがあります。

でもそれからは、ひたすら実践実践。

少しづつ体感していって、やがて自分のものになっていく。

英語と、似ているものがありませんかっ?

さー、プラクティス、プラクティス。









スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。