にじのおやつ

お菓子のこと、パンのこと、日常のことなど織り交ぜながら。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月
ARCHIVE ≫ 2014年02月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

台湾旅行

台湾へはお手軽にツアーを申し込んで行きました。

そこはやっぱりグルメの旅、ということで(私的には)

NYタイムズ紙に世界10大レストランと書かれた

ディンタイフォンの小龍包を食しに行きました!

ツアーで予約を取っているからほとんど待たなくていいという現地ガイドさんの話も

全く違っていて、雨のため道もとても込んでいて、やっと到着したと思ったら

店の前には長蛇の列!!ざっと見、50人はいる?!

あんなに並ぶんだ(+_+)さすが、有名店だけある。。。

それから1時間待ち、やっとの思いで対面した小龍包は、

「うん、フツーに美味しい(^_^;)」

そんなに肉汁がどばっと出る訳でもなく、まずくはないけれども、いたって普通。

さすが本場の味!!と感動の体験と期待していた私は、ちょいと期待外れでした。

たぶん、日本でウェスティンとか、オークラとか

そんなとこの中華料理屋で食べたほうが絶対美味しい。

日本人向けにしてあるかという問題でもないように思います。

ガイドさんいわく、ディンタイフォンは経営上手。

店員はみんな二十歳代で全員日本語、英語が話せたり

トイレに専属の清掃員がいて、一人ひとり使うたびにきれいにしてくれたり。

でもサービスの面で言えば日本の牛丼屋さんレベルなんだけど(^_^;)

いやしかし、あの行列の正体はほぼ日本人観光客だったりして(^_^;)

小龍包よりも私は、何故か最後に出てきたスープのほうが断然美味しく感じました。

詳しくないので知りませんが、とろみのあるスープに細かく刻んだ絹ごし豆腐と錦糸卵と、

レバー色の何か。上に酢がかかっているのを知らずにそのままみんなに取り分けて、

「すっぱ!!」「すーっぱ!!」と大ブーイングでしたが(^_^;)これはとても気に入りました。

韓国と同じように小皿の野菜やお惣菜が沢山出てきて、全体のバランスが取れていました。

ひとつ、タケノコ?と思うようなのが出てきて食べてみたら恐ろしく苦い!!

後でそれらしき野菜が売られているのを発見しましたが、白いゴーヤみたいないで立ちでした。

そしてお店を出た後、楽しみにしていたかき氷のお店に行くのでした!!←食べてばっか



















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。